ウクライナ*キエフ

ウクライナのお菓子・モルコヴニツェ(キャロットケーキ)レシピ

Добрий день(ドーブルィデーニ!)
こんにちは。

ウクライナで食べたお菓子を作る第二弾、今回は『モルコヴニツェ』です。
モルコヴニツェとは、キャロットケーキのこと。スパイスを使った風味豊かなケーキです。

粉とにんじんが同じくらいの量なので、罪悪感少なめに頂くことができます。

モルコヴニツェの材料

材料

にんじん 中サイズ1本(180g程度)
砂糖(または蜂蜜) 80g
オイル 45cc
卵 2つ
小麦粉 160g
ベーキングパウダー 3g
くるみ 35g
レーズン 40g
クローブ お好みで
シナモン、ジンジャー、ナツメグなど お好みで

 

あまり材料も多くないので思い立ったらすぐに作れます。食べるのは翌日以降が美味しいので、来客時にお出ししたりするなら前日に作るのが良いです!

先に準備しておくことは2つ。

・くるみ、レーズン、クローブを刻む
・小麦粉はふるっておく

ちなみにウクライナ語で人参を моркваと言います。現地ではМорковный торт(=モルコヴニツェケーキ)という表記が多いように思います。

モルコヴニツェの作り方

作り方
  1. にんじんを皮ごとすりおろす
  2. たまごとオイル、砂糖を加えてすり混ぜる
  3. ふるった小麦粉を加える
  4. くるみ、レーズン、シナモン、スパイス類を加える
  5. オーブン180度50分くらい焼く

 

以下、写真付き解説です。

 

①にんじんを皮ごとすり下ろします。中サイズ一本で今回のにんじんはだいたい180gくらいでした。皮ごとでもケーキに入ればまったく気にならないです。

にんじんの存在感を増したい場合には、全部すり下ろさずに少し刻んだものも混ぜる方がにんじんの味がしておすすめです。

キャロットケーキ

 

②たまごとオイルを加えてから、さらに砂糖もすり混ぜます。三温糖やはちみつもとても合います。

③上記にふるった小麦粉を加えていきます。

④くるみ、レーズン、クローブ、シナモンなどを加えます。
クローブは固形を刻むのが断然おすすめです。普段使いどころが限られていて余らせがちなので、たくさん入れました。(写真の量はかなり入れすぎなので加減してください〜)

 

くるみとレーズンは小さめに刻むようにすると良いです。大きいと、にんじんよりもくるみとレーズンの存在の方が大きく感じられてしまいます。くるみではなくアーモンドプードルにするのも良さそうに思いました。

 

モルコヴニツェくるみとレーズンが大きすぎです。笑

 

⑤型に入れて、180度50分くらいで焼きます。オーブンによって調整してください〜

完成したキャロットケーキに生クリームをかけたり、クリームチーズでフロスティングを作るレシピもありますが、今回はシンプルに粉糖にしました。

ちょっと重めの仕上がりですが、現地で食べたものに近い感じになりました。
ジンジャースパイスがきいたものや、オレンジが混ざったものも美味しかった記憶があります。次回は生地に混ぜ込むか、フロスティングに少しジンジャースパイスを加えたりして作ってみたいなと思います。

Дякую!(ありがとう!)

 

ウクライナでよく食べたナポレオンケーキも作っています
ナポレオンケーキの作り方ウクライナで食べたナポレオンケーキを実際に作ってみました!...
ウクライナのイースターのお菓子です
パスカ 作り方
イースターパスカの作り方ウクライナでたくさん見かけたイースターのパスカを実際に作ってみました!...

 

おまけに

プレゼントにしたら喜ばれました〜
この時は共立てで作ったのでふわふわに仕上がりました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@mayumi._.cookingがシェアした投稿

よく友人にお菓子を作ってー!と頼まれるのですが、渡しづらかったり日持ちが不安だったりするものが多い中、こちらはプレゼントにしやすいように思いました!簡単なのでよかったら作ってみてください。


ABOUT ME
アバター
えせ駐在妻
たまに世界のどこかで駐妻っぽいことをしています。 リアル駐在妻になるのも良いかもね!と言われて早数年・・ いつかその日は来るのでしょうか?! 36年に一度しか生まれないと噂の強運アラサーです。