ウクライナ*キエフ

チキンキエフをウクライナで食べてきた!

チキンキエフ

こんにちは。

キエフ行く!と言うとよく言われるのが、

チキンキエフのキエフだよね?食べた?美味しい?

です。名前に「キエフ」って入っているくらいですからみんなに聞かれます。
そこで今回はキエフでチキンキエフを食べてきたレポートです。

チキンキエフとは

チキンキエフを調べてみると

チキンキエフ (英語Chicken Kievウクライナ語котлета по-київськиロシア語котлета по-киевски)とは、バターを骨なしの鶏胸肉で巻き、小麦粉、溶きパン粉の衣をつけて焼くか、もしくは揚げたカツ料理。日本語では「キエフ風カツレツ」とも書かれるウクライナおよびロシアのカツ料理、コトレータの一種である。キエフチキンともいう

と説明されています。(Wikipediaより)

そうそう、キエフ風カツレツとも言いますね。

英語でもChicken Kievって言うのですね。
鶏肉東京!と思うと急に変な名前に思えます・・・

 

チキンキエフをいただきます!

今回チキンキエフを食べたのはキエフのウクライナ料理店パルヴァックというお店です。

チキンキエフ

こちらのお店は見ているだけでワクワクする内装にとっても可愛い店員さんのウクライナ衣装、そして美味しいウクライナ料理、何をとっても最高に素敵なお店です。しかも安い!

チキンキエフ以外にボルシチ、ペリメニ、ナポレオンケーキなどもいただきましたが
どれもおいしくて毎日通えそうなくらい。

チキンキエフ
サロやチーズもおすすめ!キエフに来たら行ってみてくださいね!

 

そんな素敵なウクライナ料理店パルバックで実際に頂いたチキンキエフがこちらです!

チキンキエフ

すごくオシャレに出てきました。
こんな風に出てくるとケンタッキーみたいな骨つきチキンに見えますが、ウィキペディアにもある通りチキンキエフは骨なしのムネ肉です。

そしてチキンキエフの一番の魅せどころはナイフを入れる瞬間。

早速割ってみます!

チキンキエフ

中のバターがじゅわっと溶け出してきます。
チキンを切って、溶け出したバターを絡めていただくスタイルです。

見た目だと少し重く感じるかもしれませんが、
お肉はムネ肉でとてもあっさりしているのでバターをつけても重くなく、とても美味しいです。

中のハーブはディルで、ふんわり香る程度でちょうどいいアクセントになっています!
おいしーい!

チキンキエフはどこ食べられる?

キエフに行けばどこでも食べられるかというと、案外そんなに置いてある率は高くなかったような気がします。

あるにはあるけど、特にチキンキエフをおしゃれに美しく出してくれるのはそれなりのウクライナ料理店だけです。

他のお店では飾りがなく出てくることが多いです。

チキンキエフ

チキンキエフのレシピ

ところで探してみるとチキンキエフのレシピがありました!

ムネ肉にバターとディルを入れて揚げるだけととてもシンプルな行程。

日本だとバターが高いですが、それでもお肉はムネ肉でいいのでお安くできそうです。
普段から揚げ物をされる方であればきっとおうちでもうまくチキンキエフを作ってみることができるのではないかと思います!

少し特別な日の食卓にも良いかもしれません・・今度挑戦してみたい・・

ということで今回はチキンキエフのレポートでした!

 

なんとそんなチキンキエフが今日本で食べられます!
実際に食べてみたレポートです。

https://happy-yoppy.site/matsunoya

 

ウクライナ情報 #lovelivekyiv 始めました

 

この投稿をInstagramで見る

 

Matryona Igrunova(@lovelivekyiv)がシェアした投稿

 

ABOUT ME
アバター
えせ駐在妻
たまに世界のどこかで駐妻っぽいことをしています。 リアル駐在妻になるのも良いかもね!と言われて早数年・・ いつかその日は来るのでしょうか?! 36年に一度しか生まれないと噂の強運アラサーです。