国内

中山平温泉|旅館三之亟湯(さんのじょうゆ)宿泊記ブログ

こんにちは。

以前より気になっていた中山平温泉の旅館三之亟湯(さんのじょうゆ)さんに行ってきました。良い意味で鳴子のような観光地感がなく、日常を忘れてトロトロ温泉を堪能することができます。今回お世話になった旅館三之亟湯さんがとても素敵だったので、宿泊記を記しておこうと思います!

それでは中山平温泉旅館三之亟湯さんの宿泊レビューです!

 

中山平温泉

中山平温泉

中山平温泉

東北の宮城県に位置する鳴子温泉郷の中山平温泉は、環境省指定の国民保養温泉地です。泉質は含重曹硫黄泉、単純泉、重曹泉等種類も豊富で美肌の湯・美人の湯として知られています。アルカリ度の高い、ぬるぬるした感触が得られる湯のためウナギ湯という名称でも親しまれています。

中山平温泉観光協会公式サイトより引用

鳴子温泉は知っていても、中山平温泉は聞いたことがない、という方も多いかもしれません。わたしはトロトロした温泉が好きで、この「ウナギ湯」というワードに惹かれました!!

旅館三之亟湯(さんのじょうゆ)

今回宿泊した旅館三之亟湯(さんのじょうゆ)さんの基本情報です。

住   所 〒989-6832 宮城県大崎市鳴子温泉字星沼77-53
電   話 0229-87-2120
泉   質 【ナトリウム炭酸水素塩泉】 (旧泉質名  純重曹泉) pH値:8.3
公式ホームページ https://www.sannojyoyu.jp/

 

旅館三之亟湯への行き方・アクセス

中山平温泉 三之亟湯

(JR東日本)陸羽東線 中山平温泉駅より徒歩3分

駅から徒歩3分、はとてもありがたいのですが、、陸羽東線?!乗ったことがない!!
調べてみると陸羽東線は、宮城県遠田郡美里町の小牛田駅から山形県新庄市の新庄駅までを東西(地図上で言うと横!)に結んでいるJRの路線。

本数がとても限られているので電車で行かれる際には調べてから行かれることをおすすめします。仙台ー鳴子間は直通バスもあり、事前連絡をすれば鳴子温泉駅からの送迎も可能なようです。

旅館三之亟湯

中山平温泉

今回はのんびり旅。少し早く着くけど駅の周りをぶらぶら散策してから旅館に向かおう!と言うことで、中山平温泉駅に14時ごろ到着。

ところが、降りてみてびっくり!何もない。一軒のコンビニもなければカフェもない!
鳴子温泉のお隣なので、同じような雰囲気を想像していると裏切られます。笑

SLはありました

 

でも、この、意図して探してもなかなか見つけられないくらいの何もない風景、日常から切り離されたような寂しさの中に、心が解放されるような安堵が重なる・・。電車の中ではつまらないことを考えていたのに、降り立った瞬間に完全に切り替わりました。

フロント・ロビー

中山平温泉 三之亟湯

本当に周りに時間を潰せるところがないので、そのまま旅館まで歩いてみました。
道に迷ったらそこそこ良い時間になるかな〜なんて言っていたら、あっさりたどり着いてしまいました。そこで、ちょっと戻ってからお電話をかけてみました。

「早く着いてしまいそうなのですがよろしいでしょうか?」とお尋ねしたところ、
「何もないでしょ!大丈夫ですよ」と言ってくださり、
またゆーっくり歩いて旅館に向かいました。(ありがとうございます!)

お部屋

お部屋の写真を撮り忘れてしまったのですが・・
館内は一階がフロントとお風呂で、二階がお部屋です。小さな宿で、全部で9室。

着いた瞬間に、ずっと満室が続いていていたのも納得!と思うほど、
温かさと懐かしさと、日常から切り離された程よい空虚感がありました。

中山平温泉 三之亟湯

お部屋はシンプルな和室ですが、採光の良い大きな窓と、テレビ、机、お茶セット。
日常もこんな風にシンプルになったら良いのですが、なかなか難しい。

三之亟湯 トロトロ温泉

部屋に荷物を置いて着替えたら、後は温泉に浸かるに尽きます。

温泉は一階。男女別に一つずつ。
小さな宿なので脱衣所なども大きくはありませんが、わたしが行った時はどなたもいらっしゃいませんでした。独り占めとなると、スペース充分です。

天然温泉はかけ流しで、すぐそばの地下450mから組み上げているのだそうです。
写真は撮れませんが、HPから見ることができます。

入ってみると本当にトロトロ。これまでに入った温泉の中でも群を抜いてトロトロで、こんな温泉あるんだ!とびっくりさせられました。温泉というよりは良質なオイルの中にでも入っているのでは?と思うほど。

実はこの数日後に鳴子温泉に寄ったのですが、わたしは断然中山平温泉のこちらの湯の方が気に入りました。一度入っただけでもずっと体がポカポカしていて、肌もすべすべになりました!

お食事

温泉の後の楽しみはもちろん夕食。こういうところに来たら、せっかくなので何もせず、温泉に入ってご飯を食べて寝る!というのが一番。

夕飯

中山平温泉 三之亟湯

食事はお部屋食。一品ずつだと女将さんが大変だし、こちらもちょっと気を遣うなあと思っていましたが、温かいものを後から頂いた以外は出入りの回数もさほどなく、気兼ねなくお喋りしながら食事の時間を楽しむことができました!コロナ対策、ということもあるかもしれません。

 

中山平温泉 三之亟湯

写真が切れてしまっているけど、蒸し物とお肉もついてボリュームがある内容です。ご飯もおひつで頂き、おかわりもどうですか、とすすめられましたが、食べ切れないほどお腹いっぱいになりました。

中山平温泉

このあとはまた温泉に入り、早めに眠りにつきました。
この時点で、明日も空室があるならもう一泊したいな〜と思ってしまいました。

朝食

三之亟湯

翌朝の朝食は夕食とは違って部屋食ではなく、広間でいただきました。
普段は洋食派のわたしも、こういう旅館での朝食は体に沁み渡る・・。
オーソドックスながら、美味しいものをしっかりといただいて贅沢な一日の始まりになりました。

食後にはコーヒーも。あるとないとでは大違いの朝のコーヒー。
今日一日、充実の予感です。ごちそうさまでした!

おまけ・中山平温泉駅ノート

後ろ髪を引かれながらまた駅まで戻ってきました。
帰り際、また絶対来るだろうな〜と思いました。

ところで中山平温泉駅にはなかなか来ない電車を待つために待合室があるのですが、そこに中山平温泉ノートというものが置いてあります。

中山平温泉

めちゃくちゃ昭和の香りがします。今ではこういうものってほとんど見かけませんが、人間らしくてあったかいですよね。1ページずつめくって読んでいたら、帰りの電車がやってきました。

またいつか必ず訪れたいと思います。

 

コロナで海外に行けなくなってから、国内温泉の記事が増えてきました。
同じくトロトロ泉質なのは、山の神温泉です!
高湯 玉子湯
高湯温泉〜旅館玉子湯宿泊ブログ〜福島県北部に位置する高湯温泉郷の旅館玉子湯さんに宿泊してきました!硫黄の匂いが漂う温泉旅館で、館内だけで湯めぐりも目一杯楽しめます!...
山の神温泉 なごみの湯
山の神温泉優香苑日帰り入浴なごみの湯山の神温泉優香苑日帰り入浴の「なごみの湯」さんに行ってきました。...
鶯宿温泉
鶯宿温泉〜長栄館でワーケーションしてみた!〜こんにちは。 岩手県の鶯宿(おうしゅく)温泉までワーケーションへ行きました。 とても素敵な旅館に泊まることができたので、記録して...
ABOUT ME
アバター
えせ駐在妻
たまに世界のどこかで駐妻っぽいことをしています。 リアル駐在妻になるのも良いかもね!と言われて早数年・・ いつかその日は来るのでしょうか?! 36年に一度しか生まれないと噂の強運アラサーです。