ヨルダン*ペトラ

ヨルダン死海・デッドシースパホテル宿泊記

デッドシースパホテル

Hello!

ヨルダンの死海を訪れた際、デッドシースパホテルに宿泊しました。

死海のビーチに面したホテルの一つで、
リーズナブルながらプールもあり、お部屋も広く、楽しく快適に滞在できるおすすめホテルです。

予約の決め手は、正直直前でここしか空いてなかった!という状況だった気がしますが、トータルでとても満足できるホテルでしたよ

それではデッドシースパホテルの宿泊レビューです!

スターアライアンス世界一周特典航空券で世界一周中に訪れました。
中東地域はスタアラの就航がないため、ヨルダン往復だけはエミレーツ航空を利用しています。

 

スターアライアンス世界一周特典航空券ファーストクラスまとめスターアライアンスのマイルを使って世界一周特典航空券を発券し、ファーストクラスで旅してきたまとめです。...

 

デッドシースパホテル

今回宿泊したデッドシースパホテルさんの基本情報です。
※似たような名前のホテルがたくさんありますのでご注意ください。

名   称 Dead Sea Spa Hotel
所 在 地 Sweimeh Dead Sea Road, 18186 サワイマ, ヨルダン 
空港アクセス 空港までの移動時間::約60分
客 室 数 277室
設   備 プライベートビーチ・プール・レストランなど
ホームページ Dead Sea Spa Hotel(Agoda)

 

行き方・アクセス

今回ヨルダン観光はすべて個人手配のツアーを組みました。
ヨルダンに着くと予約しておいた運転手さんが空港で待っていて下さったので
そのまま車でホテルに直行していただきました。
(英語のできる運転手さんで、事前にコースも伝えてあります。
このことは別記事に書きたいと思います。)

空港から結構距離があり、一度コンビニでジュースを買った以外は寄り道もなく結構なスピードで走ったように感じましたが、それでも1時間くらいかかりました。

ということで、ホテルへのアクセスの説明になっていませんが、
ヨルダン国内はおそらく多くの方が文字も読めないし、車も運転できないし、電車などもありません・・

その他の方法

その他の方法は、タクシー、送迎バス予約、などになるかと思います。

 

デッドシースパホテル館内

こちらがデッドシースパホテル。ホテルの目の前まで車でつけていただきました。
明日のお迎えの確認などをして、運転手さんとは一旦お別れし、館内に入ります。

標高がめちゃくちゃ低いらしいということは頭では理解していますが、それを感じることは到着時点ではまだありませんでした。

反対側の、ビーチに面している方はビーチにプールもあってリゾート感が満載なのですが、こちらの入り口側だけ見ると想像よりずっと落ち着いている印象です。

そういえば学生の時にダリー語(アフガニスタンの公用語)の授業を取ったことがありましたが、まったく読めません。。。でもきっと自分が日本語母語じゃなかったら、ひらがなもこんな風に見えるだろうな、といつも思います。(余談でした。)

フロント・ロビー

すんなりチェックインできました。
誰も英語話者じゃないので、逆に英語が通じやすいです。(あるある)
このルームキーのデザインは雲?っぽいけど、死海の塩かな?

館内

係の方が荷物を運びつつ、お部屋まで案内して下さいました。
廊下が広ーくてフローリングの床で、ビーチサンダルでそのまま歩けます。
これ、重要です。あとでわかることですが・・とにかく死海に入ると全身が塩漬け!になりますので、床もこうでないとお掃除できないのだと思います。

ホテル客室

今回の予約はオーシャンビューではなく、マウンテンビューです。
オーシャンビューの方はやはり早めに埋まってしまうみたいで空いていませんでした。

廊下の雰囲気から一部屋が大きそうな感じがしていたのですが、やはりわりと広めの作りです!

そして廊下から部屋の中までフラットです。
入り口すぐのクローゼットも結構大きめでした。
あとで調べてみたら25平米ほど。2人なら窮屈感のない広さです。

 

少し変わった部屋の形なのですが、お部屋の真ん中に全身鏡があるのが嬉しいです。
みんなお部屋で水着に着替えると思うので、その配慮かもしれません。

ベッドもとても広くて快適です!!

デッドシーホテル 死海

テレビは小さめですが壁掛けです。
お水、湯沸かしポット、コップがありました。ポットがあるとは思っていなかったのでありがたいです。

奥に小さな作業用デスクもありました。3人くらいでも余裕がありそうなお部屋です。

お手洗い・洗面スペースも広めです!

ちゃんと浴槽付き!
浴槽付きでないと、かーーーーなり死海の塩に苦労すると思います。浴槽があっても、苦労しますが。これは重要!!

ベランダもついています。
ここで喋ったりちょっとおつまみを食べたり、ということができました。

 

あと、とにかく塩だらけになる荷物や水着、靴を洗って干しておくのにもとても重宝しました。オーシャンビューだったらより最高だっただろうな、と思います!

 

そう言えば、ここでアフリカから持ってきたポテチを食べようとしたら、真空状態になっていました。

富士山の上ではポテチがパンパンになるけど、標高が低いところに来るとこうなるんですね!考えたら当たり前だけど、おお!と思った瞬間でした。

死海ビーチへ!

ということで到着が既に日暮れに近い時間でしたので、
ついてすぐに水着に着替えて死海ビーチに向かいます!

死海ビーチはホテルから直結しており、外に出て、プールの脇を通っていくとすぐに出ることができます。

プール

今回は入る時間がまったくなかったプール。横目に通り過ぎます。
あー入りたかった!ウォータースライダーしたかったです。

お子様用のプールもちゃんとあります。

遊んでいる人が少ないのは、やはりみんな死海にいるからです。
あと、死海から戻ってきてから入ろうとすると、こんなに塩まみれの体で入っていいのかなぁと躊躇します・・それくらい全身塩になります・・

なんか競泳用みたいな雰囲気のプールもありました。

標高が低いので、高地トレーニングの逆で死海で療養されるアスリートの方もいらっしゃる、と聞きました。

 

その先がビーチ!

プールを抜けたらその先がビーチです!

これまでパソコン画面で見ていた光景が目の前に広がっているのが不思議。

 

ビーチ前に注意書きがあります。
12歳以下は大人が付き添ってね、など。確かに、結構危険な感じがしました。

 

視界側からホテルを眺めるとこんな感じです。

 

各ホテルにこのように専用のビーチがあって、利用時間が決まっています。
日暮れ後はビーチに行けなくなってしまいますので注意が必要です。

 

デッドシースパホテルレストラン

夕食も朝食もホテルの中でいただきましたので、その様子をご紹介したいと思います。

夕食

海で体力を使ったらすっかりお腹が空きました。

夕食は、館内でビュッフェスタイルの夕食をいただきました!
おそらくホテルに滞在中のほとんどの方はここで頂く感じかと思います。
運転手さんにお願いすればどこかで食べることもできるかもしれないですがあまり現実的ではなさそうです。(その体力もない。。)

想像していたよりもずっと種類が豊富で、野菜サラダからケーキまでなんでもたくさん用意されていました。アフリカから来たということもあってとても目に華やかにうつりました!

随分と野菜がたくさんあります。

 

味噌みたいなものがあり、アジア近づいてきたね!!と思わず言ってしまいました。

 

 

こちらは主人ですね。こういう時にわりと真面目にバランスよくとってきます。

私はとりあえずケーキを食べてから考える派です。笑

なぜだか、やたらとたくさんケーキがありました。
長く滞在する方も多いと思われるので飽きないように種類が多いのかもしれないです。

朝食

 

 

次の日の朝もとりあえず死海に浮きました!!

食べたらすぐ浮けるのが良いところ!
しかしお風呂に入ったり水着を洗ったり乾かしたり・・というのは想像を絶する大変さ。物凄い塩分量なので。。なのでスケジュールは少し余裕があった方が楽しめると思います。

ちなみにこの世界一周から帰国し、主人が言ったのは・・

『死海にあと1週間くらいいたかった!!』

ほんと。死海ゆっくりいたかった。

参考になれば幸いです〜!

ABOUT ME
アバター
えせ駐在妻
たまに世界のどこかで駐妻っぽいことをしています。 リアル駐在妻になるのも良いかもね!と言われて早数年・・ いつかその日は来るのでしょうか?! 36年に一度しか生まれないと噂の強運アラサーです。