オーストリア*ウィーン

ウィーンオペラ座*立ち見席チケットで鑑賞してきた体験談!

Grüß Gott!
こんにちは!

ウィーンといえばオペラ!
もちろん事前予約をして良い席で観るに越したことはないのですが、当日にならないと予定がわからない!ということや、お天気次第で明日行こう!と突然思うこともあるかと思います。

実際私たちもオペラを観たかったのですが、直前まで予定が組めない状況でした。
そこで予定が空いた当日、立ち見席があると知ってそのチケットで観てきました。今回は立ち見席チケットについてご紹介します。

ウィーンオペラ座*立ち見席チケットで当日鑑賞

ウィーン オペラ座 立ち見

まず当日立ち見席で鑑賞するにあたり、その日に何が上演されているかを知るには公式サイトがおすすめです。※立ち見チケットのネット購入はできません。

 

オペラ座立ち見チケット購入方法

立ち見チケットはサイトでは購入できず、当日オペラ座に並んで買うことになります。
その他の購入方法はないようです。

チケットの販売開始は開演時間の80分前です。販売開始が開演の80分前なので、それより前に行って並ぶ必要があります。

※私たちが行った当時のことです。変わる可能性がありますので行かれる前にご確認ください。

実際に購入してみた様子をお伝えします!

立ち見チケット並び場所

立ち見チケット売り場はオペラ座の STANDING AREA と看板があるところで販売されます。オペラ座付近をうろうろすると、頭上に看板が出ているのですぐにわかるかと思います。

立ち見チケットの並び時間

どのくらい早くから並ぶべきかについてですが、その日の演目の人気具合にもよるのでなんとも言えないようです。

私たちが行った際の公演はトゥーランドットでした。開演時間の2時間前(つまりチケット販売開始が80分前なので、そのさらに40分前)から並びましたが、通路にすでに30人以上は並んでいました。

チケットは無事に購入できましたが、もっと人気の演目であればもっと早くから並んだ方が安心なのかもしれません。

並んでいる間の様子

上記のSTANDING AREAの看板の部分を先頭に列が出来ているので、それに沿って並びます。チケット販売開始時刻までは列は動かずに待つことになります。

並んで、立ち見でオペラ鑑賞をするのを日課のようにされている現地の方もいらっしゃるようで、折りたたみの椅子を持ってきて座って並んでいる方もいました。

並んでいる人が増え始めるとSTANDING AREAの看板のところにある扉が開き、建物の中に進むことができました。そしてさらにそこで待機です。(※列の後ろの方の方は建物の外のままになるかと思います。)

建物内での待機は比較的きれいなのでそのまま床に座っている方が多いです。お手洗い等に行くこともできます。ここに入ってしまえば日も当たらないので、待つのもそんなに大変ではありませんでした。

この場所で、ラフすぎる格好の方や、ジャージの人は中に入れませんと諭されていました。具体的にはハーフパンツやスラックスなど・・お気をつけください。

立ち見チケット種類と金額

販売開始時刻になるとスタッフの方から案内があり、順番に購入に進みます。

窓口にはこのような座席の案内図が置いてあり、座席の種別がわからなくても色分けで示されているのでわかりやすいです。

種類がありますが、とにかく4ユーロのParterreというエリアのチケットを買うことをお勧めします。

これは一階席の後ろの方のエリアなのですが、他のエリアよりもよく見える可能性が高いです。少しわかりづらいですが上記の座席図でピンク色のエリアがParterreというエリアです。

チケットを手にしたのち、いよいよオペラ座の中へと入ります!

立ち見チケット入手のあと

入館したらもう自由でしょ?
いえいえそうはいきませんよ!

館内に入ったあと、通常はクロークでコート等を預けますが、立ち見チケット入手者の多くは走り抜けていきます。

実は先ほど購入したチケットは立ち見席のエリア種ごとのチケットであって座席番号のようなものはありません。なのでエリア内でどの位置を取れるかは早い者勝ちということです。そのためみなさん走ってエリアごとの入場の扉の前に並ばれます。(みんな詳しいな・・)

知らなかった私たちは誰もいないオペラ座内部の写真を撮ることに夢中になってしまいました・・・あまりにも綺麗なので・・

立ち見席チケットは一般の方よりも早く建物内に入ることができるのでシャッターチャンスでもありますが、エリア内での良い場所の確保のためには急ぎ目に並びましょう。

Parterreエリアを購入した人の入場扉前です。ここで立っていたのは15分くらいでしょうか。そんなに長くはなかったです。
それにしても本当みなさん事情通・・うろうろしていたのは私たちくらいでした。

 

座席確保について

開演20分前になり、やっと扉が開いて会場内に中に入ることができました。

当然ながら、エリア内の前の方の席からみなさん確保されていきます。
私たちは3列目になりました。

 

立ち見席は赤いバーがあって、そこにモニターがついているのでそのモニター一台が一人分の立ち位置という感じです。自分の場所はストールなどを結びつけて確保します。
何もないと確保することができないので、何か結べるものを持っていく必要があります。

 

自分の位置を確保したらやっと自由時間です。オペラ座をウロウロ見学したり、クロークにコートを預けに行くのはこの時間にできます。

立ち見席の感想

休憩時間の様子です

 

舞台は結構きちんと見えたので、見え方には満足でした。4ユーロの1階奥の立ち見席の前から2−3列目くらいまでが取れれば、身長が高くなくてもちゃんと見えると思います。

公演自体がとても素晴らしく圧巻で、ずっと引き込まれていていたのですが、並んでいた時間も含めてトータル3時間以上立っていたのでさすがに疲れました!体力に自信のない時には難しいと感じました。

当日立ち見チケットのメリット・デメリット

立ち見チケットは以下のような方にはおすすめできると思います。

  • 立ってでもいいからとにかく安く観たい方
  • 当日まで予定がわからず事前購入ができない方
  • 当日になって予定が空いたのでオペラ座に行きたい!という方
  • サイトでは売り切れてしまっていたけどどうしても○日の○○が観たい!という方

 

反対に

・体力に自信のない方
・海外旅行中の体力を温存したい方
・並ぶ時間があるくらいなら予定を目一杯にして観光地を周りたい方

にはおすすめとは言えません。私たちはオペラ座には行きたいと話していたのですが、「この日なら行ける!」と急に決まったことだったので、立ち見席に挑戦してみました。もし次回があるなら・・やはり事前に席を購入したいです。笑

ウィーンオペラ座*立ち見席チケットで当日鑑賞

いかがでしたでしょうか。

ちょっと体力を使っても、挑戦してみたい!という方は、

  • 体力勝負であることを忘れずに
  • 並んでいる時の日よけと、座席の確保のためにストール等があると便利
  • オススメは4ユーロのParterreというエリア
  • 内部に入ってもまずは並ぶことを優先する

という点を忘れずに、行かれてみてください。
内部の美しさも公演の素晴らしさも、一度体験したらきっと忘れられない思い出になると思います!

参考になれば幸いです。

 

 

オペラ公演の後に、念願のカフェザッハーに行きました。日中はものすごく並んでいるのですが、夜は空いています!オペラ座からすぐなので 、公演の後の休憩におすすめです。

ウィーンでカフェ巡り。おすすめ6選ウィーンでカフェ巡りをしてきました。オススメ6選を、それぞれのカフェで食べたケーキと共に紹介します。...

 

ABOUT ME
アバター
えせ駐在妻
たまに世界のどこかで駐妻っぽいことをしています。 リアル駐在妻になるのも良いかもね!と言われて早数年・・ いつかその日は来るのでしょうか?! 36年に一度しか生まれないと噂の強運アラサーです。